スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

番外編 ミンニョロミンニョラ3月の回

今回のイタリアンは、国際女性デー(3月8日)のシンボルフラワーのミモザを見立てたケーキに新タマネギのシンプルな生パスタでした

パスタマシンで極細パスタを作りましたが、生地の水分が極限に少なくないとマシンに貼り付いて失敗してしまうので今まで作ったパスタの中で実は一番慎重になりました。

パスタマシンで薄く薄く伸ばしてから等分して切ります。↓


細かく切られたパスタは髪の毛のよう。↓




パスタの具はニンニクと新タマネギ。
焦げないように玉ねぎをじっくり炒め、またオリーブオイルが乳化するように丁寧に混ぜます。

また、食べる直前にかける「貧乏人のチーズ」と呼ばれるパン粉のオリーブオイル炒めも作ります。
これがまた香ばしくておいしい~(*´∀`)
チーズほどコクはなくさっぱりしていて、サクっとした食感も楽しい。



ミモザのケーキはかなり手が込んでいて、スポンジを小皿でくり抜いてドームを作り、余ったスポンジを細かい角切りにしてドームに付けます。

生のイチゴでケーキの中のクリームを作り、ケーキにもトッピング。

今回は特にケーキがお店のような味と仕上がりで美味しかった~(*^_^*)
パスタも生だったのでモチモチのフワフワで玉ねぎに本当によくあっていました!
しかもお持ち帰りした分も、時間がたっていて伸びていたにも関わらず美味しさがほぼ変わらず(^_^)

パスタマシンが一瞬欲しくなりましたw
スポンサーサイト

2013/06/19(水) | cooking studio | トラックバック(0) | コメント(0)

PEACE COFFEE

今回は、土気のPEACE COFFEE(ピースコーヒー)さんにお邪魔しました

こちらのお店はチェーン店のようで、ファーストフードっぽさがありました。
スタバやタリーズのようなスタイルで、カウンターでオーダーしてお金を払い品物を受け取ります。↓


お店自体ももともとマク○ナルドだったような作りで、スーパーの敷地の隅っこにある感じ。↓


でも内装は落ち着く感じでソファー席もあり、広々としていました。
これで外装がもう少しマック風じゃなければ・・と思いました(;´Д`)↓




お邪魔したときは窓側のソファー席でいただきました。↓


オーダーしたのは、ランチのセットメニュー。
カフェラテ、サンドイッチを選び、ランチスイーツを付けて、シフォンケーキを選びました。ミニサラダも付いています!
しかもミルクは12歳以下なら無料サービスでした!↓

娘はミルクをすごい勢いで飲んでいました(゚Д゚)

珈琲豆も売っていて、茂原にある珈琲工房さんと同じ系列店のようなのでまた近くに立ち寄ったら買ってみよう♪

2013/04/03(水) | 緑区 | トラックバック(0) | コメント(0)

オレンジカスタードパン

今回のパン作りはオレンジカスタード!
カスタードクリームはレンジで簡単調理でした♪

こちらは材料の一部。↓


イーストめがけてお湯をかければパン作りの始まりです。

いつも気合いが入りすぎて小麦粉を舞い散らせてしまうので、肩の力を抜いて~・・と心の中で唱えます。(^-^;

生地はいつもよりも手にくっつきまくるので、スケッパーで手に付いた生地を取りながらこねていきます。

こねあがり、1次発酵の間に具を作っていきます。
今回は発酵時間のあいだはのんびりすることがなかったな~(゚Д゚)
それくらい手が込んでいるパンなんですね。

まずはカスタード作りから。↓


黄身がクリーミーになるまで泡立て器でかき混ぜます!

小麦粉と牛乳を入れてひたすら混ぜます。↓


混ぜ終えたら容器に入れてレンジで加熱♪
カスタードクリームって簡単に作れるんですねー(・ω・)

ガス抜き、分割、成形をして2次発酵の間にオレンジをスライス。↓




オレンジのさわやかな香りに、つい手が勝手に動いてオレンジをつまんで口へ運んでしまいましたw
味見です!

2次発酵が終わった生地を指先で優しく広げていって、カスタードクリームとオレンジをきれいに乗せます。↓


縁の部分は卵黄を塗っています。焼き色がつくしさらにクラッシュアーモンドが落ちにくくなりナイスな役割。

焼きあがってからつや出しにアプリコットジャムを塗りますが、これをアプリコタージュと言うそうです。
業界用語ですね(・∀・)


オレンジが良い感じにテカってます(*´∀`)
つや出しはアプリコットジャムでないとうまくいかないらしく、オレンジだからマーマレードでいいんじゃないかと思いきや、しっくりくるのはやっぱりアプリコットジャムなんですって奥様!

オレンジは皮ごと食べれるように極力薄くスライスするのがポイント。
皮のほろ苦さと果肉の甘酸っぱさがカスタードクリームと溶け合ってパンのややしっかりとした生地にケンカせず寄り添っています。

温厚ながらそれでいて皮のほろ苦さという自分を持っている具、それがオレンジカスタード。
(なんのこっちゃ)

2013/03/28(木) | cooking studio | トラックバック(0) | コメント(3)

番外編 ひな祭りサプライズの会

毎月ペースで開いているうちカフェ、今回はひな祭りパーティーという名目で友達のベビちゃんのバースデーサプライズパーティーを開きました(ノ^^)ノ

サプライズの一つで用意したベビーミニー。↓


中学に文化祭でやったサザエさん展の制作以来の頑張り・・
我が子のバースデーの時よりも気合いが入っているしw
でも久々に「作る」ということが楽しく感じました♪

パーティーらしさを演出するのに、今回はバルーンをふんだんに使ったのですがベビーミニー以外に写真を撮り忘れていまいました・・
_| ̄|○

何気にバースデーカードも頑張ったんだけどそれも撮ってないし・・

今は100均でバルーンが買える時代☆
ふわふわ浮いているバルーンのおかげで部屋が楽しい空間になります!
(写真さえあれば…)

この日の持ち寄りランチのテーマはひな祭りなので和食を中心に。↓


<お品書き>
-ひな祭りいなり
-豚の角煮
-桜エビと菜の花のデコポン和え
-蛤のお吸い物
-ひなあられ
-赤ちゃんバースデーケーキ

和食もたまには良いですね~(*´∀`)
デザートは赤ちゃんが食べられるケーキを作ってくれました♪
さらにベビちゃん達おそろいのバッグまで手作りで感動しました(ノД`)

今の季節、菜の花や柑橘系の果物が旬なので料理やデザートに良く登場します(*^_^*)

おいなりさんはご飯が見えるタイプで、人参がハートや花びらの形に飾り切りしてあり見た目がとても可愛らしい~(*´∀`)
ひな祭りにピッタリ!↓


豚の角煮は味の加減が絶妙で、醤油やお酒などのバランスが取れていて豚の旨味と調和がとれていました。味は濃くなく、薄いとも感じないくらいのまさに「はんなり」の状態!
レベル高いです。

デザートのケーキにろうそくを1本立て、♪ハッピーバースデー♪
(*^o^*)<オメデトー

ケーキはベビちゃんとママでいただきました(^_^)

今回作った中から桜エビと菜の花をメモります(._.)φ

◇◆桜エビと菜の花のデコポン和え◇◆

<材料> 4人分
菜の花・・・1束
桜エビ・・・1パック
デコポン・・・1/8切りくらい
(果汁は小さじ1程度で皮も使います)
※デコポン以外の柑橘類でもOKです
塩・・・少々
醤油・・・小さじ1と1/2
砂糖・・・小さじ1
料理酒・・・少々
サラダ油・・・ 小さじ1と1/2
※塩加減はお好みに応じて調節ください

<作り方>
①菜の花を茎からサッと塩ゆでして、あら熱が取れるまで放置する
 ※茎はだいたい1分ほど、葉と花の部分は緑色が鮮やかになったらザルへあけます

②キッチンペーパーで茹でた菜の花の水気を取り、桜エビ、砂糖、料理酒、塩、醤油、デコポンの果汁を加えて良く混ぜ合わせる

③一旦味見をして、デコポンの皮を下ろし金で擦る

④サラダ油を回し入れ、全体になじむ程度に軽く混ぜてラップをして冷蔵庫に入れて、香りと味を浸透させる

以上です。
今回の和え物はいろいろ応用がききます。
桜エビを生ハムや白身魚の刺身に変えてもよし、菜の花を春キャベツとキュウリに変えてもよし♪

最後に回し入れるサラダ油がポイント!
味がまろやかになります。

2013/03/23(土) | うちカフェ | トラックバック(0) | コメント(2)

番外編 ミンニョロミンニョラ2月の回

今回のイタリアンは、キタッラという原始的な麺製造機を使ってロリギッタスというパスタを作りました

ロリギッタスはイタリア語で指輪という意味で、今回作るパスタは指先を使って可愛らしい指輪のような形をしています(*^_^*)

キタッラは木枠にワイヤーがピンと張られている様子から、ギターと見立てて名付けられたそうです。↓


試しに弦を弾いてみましたが、そこまで張ってないので音はちっさく「ボン」というくらいでしたw

ある程度麺棒でのばした生地をキタッラで線状に切り、さらに手でのばして指に2周くくりつけ、生地の端をつなげてネジネジしたらロリギッタスの出来上がり!

と言うわけで、今回の手作りパスタは手先をまんべんなく使って大量にこしらえる根気のいる作業です(^-^;

みんなで分担しても、なかなか終わりが見えないんですが食べれば一瞬w

そこが手作りパスタの極意とみました・・

そんな苦労と食欲の結晶のようなパスタに合わせるソースは牛と豚と香味野菜のラグー!!(゚∀゚;) =3=3=3

ラグー最強の具材、牛スジ&豚肩ロース!
旨くないわけがない・・

まずは焼き付けていきます。すでにいいにおいさせてますw↓


本当は何時間もじっくりコトコト煮詰めるのですが、教室の時間に限りがあるので圧力鍋で作りました。

ソースは煮詰める時間が1時間弱なのに圧力鍋のおかげでスジもなくトロトロ(*´∀`)↓


左の鍋がbeforeで右がafter。
見るからに旨い、右w

煮込んでいる間に生地をこねて寝かせます。↓


その間に作ったのが、りんごとマスカルポーネのケーキです。↓


このケーキは、ガッツリしていながら重たくないチーズ蒸しパンのようなケーキなので本場イタリアでは朝食にしているケーキらしいです。

生クリームや牛乳を使わない代わりにマスカルポーネチーズを使っています。

ケーキをオーブンで焼いている間に、ロリギッタス作り!
キタッラでうどんみたいな状態にしていきますw↓


キタッラにはうどん並の太さの面ともっと細い面の2面あって、それを知らずにうどん並の太さの面で切ってしまったもんだから、まー大変(゚Д゚)

手でよーーーーーく紐のように伸ばしてひたすらネジネジの輪を作りますw↓


なかなか終わりが見えなかったですが、出口のない道はない・・(^-^;
と定期的に奮起してようやく完成w

まとめてみるとちょっと気持ち悪いですが、お皿に盛りつけると何ともかわいい形のパスタ(*´∀`)↓


リングの形とネジネジのおかげでしっかりとラグーソースを絡み取り、程よい歯ごたえで頑張った甲斐のある美味しさ!

手打ちパスタはやっぱりおいしいと改めて思いました(*^o^*)

2013/03/21(木) | cooking studio | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。